2017年10月18日水曜日

仕事道具08-下書き


(写真1)

※一部ペン入れされてしまっているが、ご了承ください。
人物などの構図やデッサンや位置決めを的確に行うため、いったんコピー紙にラフを描き、それをトレスして下書きを描いている。
この工程を僕は「レイアウト」と呼んでいる。
右側の紙がレイアウト。左が原稿。
レイアウトではコマの外にある部分までおおざっぱに描き、デッサンに矛盾がないようにしている。
また、絵を2枚の紙に分けてPhotoShopで合成するようなケースでも、レイアウト手法は有効。写真では真ん中の段のキャラクターの手を別紙に描き分けている。
下書きの時間が多くかかるのが欠点。


(写真2)

3Dモデルをテンプレートにする。
自動車などデッサンの面倒な物体はあらかじめShadeで簡単な3Dモデルを作り、シーンをトーンシェイダーでレンダリングしてプリントアウトし、それをトレス台で透かしながら下書きを描く。
ちなみにフキダシの中の文字は下書きに邪魔なため消してある。フキダシだけ残してあるのは、フキダシを考慮した構図にするため。前述したようにフキダシは別レイヤーで作ってあるので、絵はフキダシ無しの状態で描く。


(写真3)

下書きができたところ。
この段階で低解像度でスキャンし画像を保存しておく。
その後にペン入れに入る。
左上に見えているのはGoogle画像検索で集めた銃器の資料。
正面上に少し見えているのはネーム。クリップでまとめてフックに吊してある。


(写真4)

見開き。2枚のB4原稿用紙をテープで貼り合わせて作る。
B3(見開きフルサイズ)は大きすぎてそのままではスキャンできないため、半分にばらし、一枚ずつスキャンして、最終的にPhotoShop上でつなぎ合わせる。
画像は3Dモデルをトレス台で透かして見たところ。


(写真5)

見開きの下書きができたところ。

青のシャーペンで影などのトーン指定をしていることがわかる。

2017年10月10日火曜日

仕事道具07-原稿用紙を準備する


(写真1)

コクヨのB4ケント紙(135Kg、品番セ-KP14)をメインの原稿用紙に使っている。

ネームができて、編集からGOサインが出たら、まずケント紙に枠線を引く。


(写真2)

画像左はアクリル板で自作した枠線テンプレート。3枚のアクリル板からなっており、裁ち切りの外枠と内枠のラインを描くことができる。
画像右は外枠と内枠を描いたケント紙。
外枠は消しゴムがけで消えないように青いミリペンで、内枠は消しゴムで消えるようにシャープペンで描いている。
スキャンしてPhotoShopで仕上げするので、多少の誤差が出てもいいように数ミリ大きく作っている。
これをあらかじめ枚数分作ってストックしてある。


(写真3)

ネームを見ながらシャープペンで枠線を描いていく。


(写真4)

シャープペンでフキダシ、セリフ、ノンブルを書く。これがセリフの最終決定稿となる。この枠線とフキダシだけの状態で低解像度(72dpi)でスキャンしておく。

これを元にフキダシを作る。
フキダシ・セリフだけを別の紙にトレースし、600dpiでスキャンする。これはデジタル仕上げの最終段階でフキダシのレイヤーとして使用する。


等倍でコピーをとり、編集部に郵送する。編集部ではこれを元に写植を作る。

2017年10月6日金曜日

仕事道具06-下書きに使う道具4

定規類

画像上から
クツワの36cm定規。
一番ひんぱんに使うサイズなので、いろいろと要求ポイントがある。
・長さは33cm以上40cm以下
これはB4原稿の長辺の長さを最低基準としている。40cm以上あると取り回しがしづらくなる。
・片側のみエッジがついていること
エッジはペンなどで線を引くときににじまないように断面が斜めにカットされている部分。プラスチック定規ならば大抵ついているが、これが両側についていると三角定規と組み合わせたときに使いづらくなるため、片側のみがよい。
・色がついていること
紙の上で視認性がよいため。

画像上から2番目
ウチダ45cm定規。
溝引きのための溝が入っているのがポイント。
溝引きとは、筆などで直線を引くためのテクニックで、「溝引き棒」という先の丸いガラス棒と筆をいっしょに握りこんで、ガラス棒の先端を定規の溝に当てて線を引く。

画像上から3番目
ウチダ60cm定規。
他に1メートルの定規などもあるが、このサイズになるとめったに使わない。
たまに紙を継ぎ足して遠い消失点を出したりするときに使う。

画像上から4番目
方眼定規(メーカー不明)
エッジの反対側にステンレスの板が埋め込まれており、カッターで直線を切るときなどに重宝する。滑り止めのビニールテープが貼ってある。

大きい三角定規
ステッドラー・マルス564 36TN。
エッジがついており、直角の長辺が36cmある。この長さはB4原稿の縦を余裕でカバーする。
クツワの36cm定規と組み合わせてひんぱんに使う。ペン入れにも使用するため、原稿を汚さないように武藤精密のフローテングデイスクという丸いアルミ板に粘着剤がついた物を貼ってある。

小さい三角定規
ウチダ二等辺三角定規(12.8cm)。

あえてエッジがついてない物を選んだ。これはちょっと用途が特殊で、絵を2枚の原稿用紙に分けて描く時に矩が合うように(直角になるように)当てて使う。
テンプレート類

画像右から
ウチダ真円テンプレート。

画像中央
.Tooパース定規
消失点が出せないぐらい遠くにある絵のパースを取るときに使う。

画像左
.Too楕円テンプレートセット
貴重な15度から75度までの楕円テンプレートのセットで、当時3万円ぐらいした。現在は絶版。
その他・補足

画像右
武藤精密のフローテングデイスク。上の三角定規の足がこれ。
そのままでは少々滑りが良すぎるので、荒いヤスリで表面を少しザラザラにして使っている。

画像左
三菱uni COLOR 0.7-205C ブルー
「下書きに使う道具1」で紹介した消せるカラー芯。

2017年10月3日火曜日

仕事道具05-下書きに使う道具3

画像上
精密コンパス。

画像中
ウチダの製図用コンパス。軸をのばして大きな円を描くこともできる。専門学校の教材セットの中に含まれていたもので、32年は使っている。(2017年現在)

画像下

デバイダー。目盛りを調節することで線を等分割するのに使う。32年もの。

仕事道具04-下書きに使う道具2

画像右上
トンボ・MONOノンダスト消しゴム。
手の油がつかないように紙カバーの部分をつかんで使う。消しゴムが減ってくると、カバーも後ろへずらしながらつかうことになる。この時大きな消しゴムだとすぐカバーが破れたりしがちなので、小さい消しゴムを使い、消耗したら早めに交換するようにしている。

画像下
サクラクレパスの電動消しゴム。細かい部分を消すときに使う。
単四電池2本で動く。エネループを入れて使用。
充電式の電動消しゴムは充電池の耐久性に問題があるので、いかなる時にも使える乾電池式の方が信頼性が高い。

画像左上
字消し板。製図用具の一種で、さらに細かい部分の消しゴム掛けに使う。

専門学校の教材セットの中に入っていたものなので、かれこれ32年も使っている。

2017年9月28日木曜日

仕事道具03-ネームのFAX送信


できあがったネームを複合機のFAXで編集部に送っているところ。
いまだにFAXという旧態依然のインフラに頼らざるを得ないのは実に無念だが、紙にシャープペンじゃないと気持ちが乗らないのだからしようがない…。

ちなみに複合機はエプソンのOffirioシリーズでスキャナはES-H7200、プリンターはLP-S7500、ネットワークコントローラーはCS-9200という機種。
けっこう年季が入ってきて、最近はスキャナの調子が少し悪い…。

このネームを編集者がチェックし、GOサインが出たら実作業に入る。

2017年9月27日水曜日

仕事道具02-ネームの作業風景


ネームはB4のコピー紙を2つに折って左右の見開きとして使い、シャープペンシルで描きこむ。

書き味をよくするため、下には大判のカッティングマットをひいている。

右上に見える銀色のデバイスはカシオの電子辞書。僕は漢字をすぐ忘れてしまうため、手書き文を書くときは辞書は手放せない。これは独和・和独辞書の入ったかなり高価だったもの。最近はドイツ語辞書に関してはiPadの辞書アプリの方が高機能で使いやすいため、電子辞書は使わなくなってしまった。

中央上に見える白い丸い物体はアースの電池式蚊取り器。たまたま羽虫が出る季節なので置いてある。いつもここに置いているわけではない。

蚊取り器の右にある赤い細長い物体はラックで有名なエレクター製の文鎮。


左上のメガネは細かい絵を描く時のための老眼補正の貼ったメガネ。